製品情報

焼却煙なし・燃料不要!!あらゆる有機物をセラミック灰に変えるRETEC/有機物炭化処理 JALOA技術監修による海外製造装置シリーズ
  • 購入助成金制度完備
  • 中小企業向け設備融資対象

RETEC(有機物低温熱炭化処理装置)について

RETEC(有機物低温熱炭化処理装置)とは?

RETEC(有機物低温熱分解処理装置)は従来の焼却炉のゴミ処理機とは全く異なったシステム(磁気イオン低温熱処理分解)の有機物処理機です。本機は、処理の最終段階に生成されるセラミック灰の製造機として開発されました。焼却炉でない為、有機物の処理に化石燃料等は一切かかりません。またダイオキシン等の排出もきわめて抑制され、地球環境の保護にも大きく貢献します。
処理物としては、鉄・陶器・貝殻・ガラス・銀紙・ガラス繊維等以外の有機物はほとんどを処理いたします。

RETECの特徴

分解できるもの・できないもの

ほとんどの有機物が無差別処理可能

生成物について

生成されたセラミック灰

RETEC(有機物低温熱分解処理装置)を稼働する上で重要な副産物として、セラミック灰が生成されますが、この灰は強力なマイナスイオンを帯びており、建築資材に混合して使用したり、植物の育成促進剤として使用したりと、その有効性も注目されており、本体から排出される酢液も害虫忌避剤として使用できることも実証済みです。
まだまだ未開拓の分野ですので、これからもっと有効な活用法が見出される可能性があります。

このページの先頭へ戻る